今の職業に不満なら転職を!

カテゴリー: 職業を変わるということ

もっと自分を信じていいのでは

若い世代の離職率が問題になっており、よく言われるのが、「最低でも3年は頑張ってみよう」というものです。

しかし、この3年ってなにか具体的な意味ってあるんでしょうか。自分に合っている合っていないは3年経たなければ分からないとでも言いたいのでしょうか。もしくは、若者特有の何か嫌なことがあったからすぐに辞めるというのは社会人として失格だ的なニュアンスなのでしょうか。これはとても日本的な考え方だと思います。

日本にいると、欧米での労働者の待遇が非常に良いように感じじられてなりません。休日の多さや長期休暇・育児休暇への理解度、ステップアップなど日本と比べるとそう思わざるを得ない部分が多数見受けられるのです。これらが整っているのならまだしも、日本ではまだまだ古い体制から脱却できていないのではないでしょうか。

働き方が多様化し、インターネットなどの通信技術が発達した現代ではいろんな所にチャンスが転がっています。それを逃さないためにも若いうちにこそ、いろんな経験を積んでもいいような気もします。あまり常識や型に囚われることなく、自分をもっと信じていいのではないでしょうか。

Continue Reading

転職活動における書類の書き方

新卒時の就職活動と転職活動では、履歴書の書き方もだいぶ変わってきます。転職活動の場合は履歴書の職歴にアピールすべきポイントを上手に書く必要があります。だいたいは職務経歴書と呼ばれる書類に前職での職務内容や経歴を書きます。そうは言っても、初めて職務経歴書を書く場合にはどうやって書いて良いのか分からないものです。
インターネットの転職情報などでも職務経歴書の書き方を知ることはできますが、自分自身のキャリアを売り込むのに効果的な書き方になっているか否かの判断は難しいかもしれません。職歴は人それぞれで違いますし、アピールポイントも変わってくると思います。より効果的な職務経歴書を書くなら、転職支援サイトのコーディネーターなどに書き方のアドバイスをもらう方が確実かもしれません。
今は無料の転職支援サイトがたくさんあるので、一度登録して利用してみると良いかもしれませんね。

Continue Reading

仕事が不安定なので転職を考えることがあります

今している仕事がとても不安定なので転職を考えることが多いです。仕事の量が安定しないのでとても暇な時があったりして不安になることがあるのです、なのでもっと安定したいい仕事が無いかなと転職を考えてしまうのです。

実際に転職をするのには度胸がいるのでなかなか行動に移すことができずにいます。今の仕事に慣れてる部分もありますし、環境の変化が苦手なタイプの人間なので転職を考えることはあっても実行に移すことはできないのです。

転職サイトなんかを覗いたりすることはあります。これが転職活動とは言えるのかわかりませんが求人はちょっとはチェックしているのです。もっと本気で転職活動に取り組んだ方がいいのかなと思ったりもします。

なんだかんだで転職できずにいますが、もっと度胸がついたら本気で行動したいです。リスクはありますが今よりも安心して働きたいのです。

Continue Reading